香港・尖沙咀でオススメのお粥は『輕鬆一下』で決まり!(食レポ)

未分類

海外旅行って、胃袋が疲れるんですよね。

これは香港に限らずですが、海外旅行中っていつもと違った食生活になるじゃないですか。

日本にいる時は三食を摂る時間も規則正しい感じで、どのくらい食べて、とか冷静に考えられますけど、海外旅行って色んなことがイレギュラーなんですよね。メシは、思い切り影響を受けます。

私がカナダのトロントに行った時は、向こうの人の食べる量と自分のそれが合わなくて、レストランでも苦労しましたね。前菜のサラダだけでお腹いっぱいになっちゃいますから。ええ。

初めての海外旅行だったハワイでは、米がマズくて困りました。タイ米だかカリフォルニア米だかで、ピラフのお米がパサパサで、、

では、香港はどうかというと、高級レストラン的な場所だったら日本とそんなに料理はかわらないけど、ローカルな場所だと味にえらい違いが出てきます。なんだろう、肉料理を食べてるうちに胃袋が疲れてしまうというか。

あと、空港に着いた時点で、もう胃袋が疲れてるんですよね。羽田で食事、機内食、空港で軽食、とかやってるともうペースが乱された状態になりますので。

そんな時は、私はお粥を食べるようにしてます。

尖沙咀で美味しいお粥を食べられる お店を発見!

以前、ホテルに着いてすぐに入ったお店があります。

尖沙咀(チムサーチョイ)なんですけど、ネイザンロードからキンバリーロード(Kimberly Road)に入ったところにあるレストランです。

お店の名前は、

輕鬆一下 / Relax Restaurant

です

イングリッシュメニューもあるし、ちょっと割高感のある雰囲気ですけど、店内もまさしくリラックスした感じですし(笑)。

で、頼んだのはオーソドックスな、鶏肉とかが入ったお粥です。

お粥って、出来上がった時アッツアツなんですよね。ちょっと最初の数口は熱くて手間取りました。

お粥というと、日本だと病気の時に食べるようなイメージってありますよね。でも香港だと普通に朝ごはんなんですよね。この時も午前10時くらいに行きましたね。

全体の味付けは薄味なんですけど、椎茸だけはしっかりと濃い味が付いていて、これがイイ感じでアクセントになってましたね。

私は、疲れた時はとにかくお粥です。しっかり栄養も摂らないと、旅先でバテてしまいますからね。

あと、韓国に行った時もお粥をよく食べますが、ソウルのお粥専門店は日本人目当てで日本人好みの味を出してくれるところが多いので、それもオススメですね。

今回の輕鬆一下は普通にいろんな料理がありますので、朝でも昼でも夜でも、美味しい食事が出来ると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました