香港国際空港から佐敦までシャトルバス(A21)で移動する方法を解説!(乗り方・料金etc.)

未分類

香港に飛行機で到着!…ホテルまではどうやってたどり着けばいいの??

香港旅行の始まりは、香港国際空港に到着するところから始まります。

ニュースでご存じの方がいらっしゃると思いますが、デモが空港付近などでも行われています。早く終息する事を願っております。

殆どの場合、まず向かうのはホテルだと思います。チェックインより早い時間だったとしても、荷物をフロントに預けて、そこから街に繰り出したりするでしょうから。^^

で、ホテルがどこにあるかによって移動手段は少々変わってきます。

香港はそんなに広い土地ではないので、タクシーで空港から香港島の中環まで乗っても4,000円くらいで済むと思います。

成田から都内までだとタクシーに乗ったら5,000円じゃ済まないですからね。

今回のタイトルにあるように、九龍サイドの佐敦(ジョーダン)までだったら、一番オススメなのはバスです。

空港から佐敦行きのバスに乗る方法!

では、着陸から順を追って説明していきましょう。

まず、入国審査です。Immigrationの文字に従っていきましょう。


外国人なので、Visitorsのところに並びます。

到着ロビーに着いたら、

To City

に向かって歩きます。

市街地への電車乗り場が見えてきます。

これを、右に曲がってください!下り坂になります。

Bus

に向かって歩きます。そのまま外へ。

突き当たりにBus Informationがあるので、そこを右折します。

右側の乗り場を進んでいくと、

A21

の乗り場があります。ここです!だいたい15分おきくらいに発車するので、時刻表は特に要らないです。空港から佐敦までは50〜60分くらいかな?

料金はキャッシュかオクトパスで最初に支払います。一律33HKDなので、400円台ですね。安い!

バスの中は無料Wi-Fiがあるので、移動中にノートPCを開いてメールチェックなんかもできますね。

ここで1つ注意点です。香港は湿気が強いので、バスの中、ビルの中は除湿目的で冷房がガンガンかかってます。なので、屋外と屋内の温度差がハンパないです。

このA21バスも例外ではなく、夏だとしてもTシャツ1枚だと風邪をひく可能性がありますので何か羽織れるものを1着用意しておくことを強くおすすめします。私は、長袖着てても風邪ひいたことがあります…。

それから、バスは揺れが激しいのでスマホやPCをパチパチしていたら人によっては乗り物酔いしてしまう懸念もありますので、外の風景を見ながら移動されることも併せておすすめします。私は、PC作業に没頭して気持ち悪くなったことがあります…。

30分くらい乗っていたら、海が見えなくなってようやく香港らしい町並みが見えてきます。

前述の通り、香港って湿気が強いので、ビル工事の際の足場が日本と違って鉄ではなくて竹なんですよ。水に強く、丈夫で柔軟ということで。しかも、そこで働く足場職人は命綱なしでそのまま竹に捕まって作業しているのですから、驚きです!

案の定、毎年事故犠牲者も数人出ている模様でして、危険な仕事の割には収入も低いというマッドな世界です。

しかしながら、この竹の足場を見るとまた香港に来たな〜と一気にHong Kongモードになってワクワクするんですけどね。^^

で、ホテルが佐敦にある場合、停留所は

10 彌敦酒店 彌敦道

になります。位置によっては

11 恆豐中心 彌敦道

かもしれませんが、彌敦酒店、恆豐中心で地図検索して、どちらが近いか調べてみてください。

私が以前定宿にしていたのが

ダイナスティ コマーシャル ホテル (Dynasty Commercial Hotel)

です。

ネイザンロード沿いにあって、すぐ近くにセブンイレブンもあるし、何よりMTRの佐敦駅からも近い!

シングルで1泊5,000〜6,000円なので、非常にリーズナブルですね。香港はホテルが高いので、ちょっとした部屋でも1万円は平気でかかっちゃいますから。

部屋は、こんな感じ。


香港によくある、ビル、マンションの一角をホテルにしているスタイルです。古いですけど清潔な部屋なので、女性でもまあ、なんとか泊まれるんじゃないかな?

窓から見えるネイザンロード。

最初の香港旅行はいろいろと迷うこともあると思いますが、慣れてくるとホテルのセレクトや移動手段もいろいろと試してみたくなるものですよ。

あっ、ちなみに、

A21のバスの運転手さんは英語通じない率が高いような気がします。オクトパスでピッってやって、10番の停留所で降りる、ということだけ覚えておけば大丈夫だとは思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました